並行輸入車のヘッドライトカットライン加工(国内改善)

アメリカやドイツなど右側通行の国の並行輸入車のヘッドライトは
カットライン(配光)が右上がり(本国では歩行者側)のため
左側通行の日本で走行すると対向車線寄りを照らしてしまいます。
さらに、保安基準改正により車検がロービーム検査になったので
並行ヘッドライトでは車検に通らない場合があります。
(1998年9月1日以降製造のすべての車両に限る)
当社では並行ヘッドライトを分解・加工することによって
日本の保安基準に適合させることが可能です。

対応可能車種などはお気軽にご相談ください。